妊娠中に一度は撮りたいマタニティーフォト

マタニティーフォトとはどういうものかご存知でしょうか。これはその名の通り、妊娠している時の写真のことを表します。新たな家族を迎える際に、その成長記録を胎内の時点から残していけるというメリットがあります。初めての家族写真と捉える方も多くいます。

マタニティーフォトを撮るおススメの時期は、妊娠8ヶ月から10ヶ月の間と言われており、この時期はお腹がふっくらしているので写真に映えます。ワンピース型やセパレートになった衣装もあるので、お腹の大きさや体型に合わせた服を選ぶと雰囲気が出ます。お腹に手を添えたお母さんの写真を目にしたことのある方も多いでしょう。お腹をアップにした写真では、ベリーペイントという海外発祥の安産祈願でもある、妊婦さんの腹部に可愛いイラストを描くこともあります。

もちろん妊娠期間を通して新たな命が成長していく過程を撮っていくこともできます。お腹が少しずつ膨らんでいくのは、新しい命が少しずつ成長しているという証であり、誕生が待ち遠しくなります。また、マタニティーフォトを飾った写真立てに、赤ちゃんの写真を追加していくことで、家族のヒストリーを作っていくことができます。妊娠中に一度マタニティーフォトを撮ってみてはいかがでしょうか。